老化によって弾力が失われてひび割れた膝関節の軟骨に負荷がかかることで、軟骨が磨り減り関節が変形してしまうというのが変形性膝関節症です。 変形性膝関節症は、中高年の膝の関節痛の要因で最も多いといわれており、特に65歳以上になると発症リスクが高まるでしょう。 それに、女性の方が男性よりも2倍から4倍くらい発症しやすい病気です。 女性ホルモンの分泌量低下、筋肉量、体型など、様々な理由が考えられますが、ハイヒールをよく履いていたり、O脚だったりすると、膝の関節にかなりの負担がかかってしまいますから、注意した方がいいかもしれません。 また、膝には体重の2倍から3倍の負荷がかかるため、肥満気味であればダイエットすることも変形性膝関節症の予防に繋がります。 変形性膝関節症は、進行すると日常生活にも支障をきたす恐れがある怖い病気です。 始めのうちは、膝を使った動作を行う際に、軽い痛みやこわばりを感じるくらいですが、徐々に痛みが強く長く起こるようになっていき、腫れたり水がたまってしまうこともあります。 安静にしていても痛くなってしまうと、日常的につらいですし、動かないことで筋力が低下して痛みがひどくなって・・・という悪循環に陥ります。 早期発見・早期治療のためにも、50歳を過ぎて膝に痛みを感じたら、すぐに病院を受診し、レントゲンを撮るようにしてください。